愛媛県 宇和島発!太陽と情熱のブラッドオレンジ

国内有数のミカン産地である、愛媛県。愛媛県でのミカン生産の始まりが、宇和島市吉田町といわれています。宇和島市は、愛媛県南西部に位置し、年間平均気温が16.8℃と、四季を通じて温暖な気候です。

宇 和海に面した西側は、入江と半島が複雑に交錯するリアス式海岸が続いており、このような気候や地形を生かして、陸上ではミカン栽培、海上では真鯛・はま ち・真珠の養殖が盛んとなっています。宇和島産のブラッドオレンジは、モロ種とタロッコ種。モロ種が1月下旬から2月中旬。タロッコ種が3月中旬から4月 中旬と、短い期間で収穫されています。

 

栽培をはじめた頃は、ブラッドオレンジの特徴である果肉の赤味を出すのに苦 労しました。生産を続けるなかで、モロ種はやや小振りですが、2月に果肉色が鮮やかになることや、タロッコ種については、3月~5月に果肉色が鮮やかにな ることが分かりました。また、春になると鳥の被害、風の被害が発生します。園地にネットを張ったり、果実に袋を掛けたりなど、ブラッドオレンジを守るた め、生産農家は日々の作業のなかで栽培努力をしています。
さらに、完熟させた後に収穫した果実を低温貯蔵庫に保管し、より熟成させることで美味しさが増すことや、光センサー選果機を使って糖度と果肉色が基準以上の果実だけを出荷することなど、ブラッドオレンジの特徴を最大限に生かすためのいろいろな方法を発見しました。

おいしさ宣言!

ブラッドオレンジはイタリア原産の柑橘。名前の通り赤い果肉が特徴です。インパクトのある赤い果肉はアントシアニンというポリフェノールの一種で、 抗酸化作用があるといわれています。柑橘類のなかでポリフェノールを唯一含むというのがブラッドオレンジです。熟した「桃」や「ベリー」を思わせるよう な、柑橘とはかけ離れた食味も大きな特徴となっています。

これらの特徴を生かしたジュース、ビネガー、ゼリー、ドライフルーツ、アイスクリームなど、いろいろな加工品をここ宇和島から皆様にお届けしています。

ブラッドオレンジ下部1ブラッドオレンジ下部2

ここで食べられる!!

  • 《くいもの屋わん》

    濃厚フォンダンショコラに

    ブラッドオレンジアイス

    500円(税抜)

生産者インタビュートップへ