社員紹介

渡辺香菜さん

OOZE CHARM 新宿南口店 2015年入社 専門学校で調理と製菓を学んだ後、1度は地元の山梨で就職先を決めたものの、「東京で修行を積みたい」という強い思いから、オーイズミフーズに入社。

渡辺香菜さん

入社の理由は何ですか?

両親が共働きだったので、子どもの頃から家で料理をすることが多かったんです。自分がつくった料理を家族が食べて、「おいしい」と言ってもらう度に、気持ちが満ち足りていくのを感じていました。そんな私が調理の道を目指したのは、ごく自然なことなのかもしれません。高校卒業後、調理の専門学校に進学。「修行を積むなら東京で」と決意し、オーイズミフーズが運営するレストランを見学し、キッチンで料理しているスタッフの姿を見るうちに、「ここで働きたいな」と思うようになりました。

仕事の内容を教えて下さい

OOZE CHARM(ウーズチャーム) 新宿南口店に勤務し、キッチンとホールの両方を担当しています。最初はキッチン業務からスタートし、発注などの社員業務も覚えていきました。その後、ランチタイム営業を社員は自分一人で回せるようになったり、ディナータイムも社員一人営業ができるようになったりと、任される仕事が少しずつ大きくなっていきました。今は店内のマネジメント全般をやらせていただくことが増えてきたため、自分の仕事だけでなく、店内を見渡しながら仕事するようになりました。アルバイトスタッフ全員がモチベーションをもって働けるよう、自分から積極的に声かけをしています。

仕事のやりがいは何ですか?

料理が好きでこの世界に飛び込んだので、やはりキッチン業務に入っている時が一番楽しいですね。ホールでは、お客様に「ありがとう」と声をかけていただくことが多く、そのたびに「この仕事に就いて良かった」と嬉しく思います。仕事でつらいことがあっても、お客様の笑顔を見ると元気になれるんです。中には、「頑張れ!」と声をかけて下さる方もいて、私こそお客様に「ありがとう」と言いたいくらいです。「お客様の期待に応えるためにも、もっともっと頑張ろう」という気持ちになれます。

仕事で心がけていることは何ですか?

自分なりに精いっぱい頑張ることと、責任をもって仕事に取り組むことです。実は新人の頃、仕事ができない自分が悔しくて、悩んでしまったことがあります。そんな時、店長が「新人の今、できないのは当たり前だし、それをフォローするのが私たちの役目。期待しているよ」と声をかけてくれました。この言葉に、私は勇気をもらいました。学生時代の私はいやなことがあったらすぐに逃げてしまっていたけれど、今は「自分が任されている以上、責任をもって取り組むべき」と前向きに考えられるようになりました。

オーイズミフーズの社風(雰囲気)は?

オーイズミフーズは、現場のスタッフを大切にしてくれる会社です。店舗に勤務するスタッフの裁量が大きくて、オススメメニューを自分達で考えることもできます。OOZE CHARM(ウーズチャーム)新宿南口店でもスタッフと一緒にオススメメニューを考案。当店には熟成肉のメニューがあるのですが、お肉をさばく行程で"すじ"が余っていたんですね。このすじを活用したメニューとして"照り焼き風牛すじピザ"をお出ししたところ、お客様に大好評!食材の廃棄率も改善できたし、一石二鳥の効果がありました。

今後の目標

新宿はイタリアンも含めて飲食店が林立している地域。そのため、どの店舗も生き残りをかけて、さまざまな取り組みを行っています。まずは、新メニューを考えたり、フェアを提案したりと、OOZE CHARM 新宿南口店を盛り上げていくための取り組みを進めていきたいです。また、最近は他店のヘルプにも入っているので、いろいろな店舗の運営方法を学んでいき、いずれは店長になれたらと思っています。最終的な目標は独立ですが、まだまだ勉強中の身なので、しばらくはオーイズミフーズでしっかり経験を積んでいくつもりです。

日々、仕事をしていて思うのは、「助け合い、思いやること」の大切さ。社員の私がアルバイトスタッフを思いやるのは当然のことですが、時には、こちらが指示を出さなくても、アルバイトスタッフが率先して助けてくれることもあります。やるべき仕事がたくさんあった時、あるアルバイトスタッフが手伝ってくれたので、「ありがとう」と言ったら「当たり前です」と返ってきて、無性に嬉しくなりました。また、スタッフの知り合いがお客様としてきて下さったり、そこから人間関係が広がっていって、さらに多くのお客様が訪れてくれるようになったりと、お客様との関わりの中でも、あたたかな気持ちになることが多いですね。

募集要項はこちら社員の声へ